今期メインプロジェクト of HP サブ

今期メインプロジェクト

今期は、昨年( 2016年)8月より支援を開始したBeng小学校への衛生指導と並行して、 教育の範囲を小学校から村へと広げて衛生指導を行ってきました。
 支援開始前この小学校では生活用水がため池の水であったため、衛生指導のはじめの段階として綺麗な水の確保とその指導が必要と考え昨年8月にろ過水の出る水道の建設とその使い方についての指導を行ってきました。今年は、水を使った衛生的な教育から保健的な教育に発展させ、①熱中症について②怪我の処置方法の教育を行い、さらに③HIVについての教育を行ってきました。
 もう一つの教育として歯磨きの習慣の定着を目標にして1年間教育を行ってきました。まずは歯磨きの必要性を感じてもらうことと同時に、毎日歯を磨くということの習慣をつけてもらうために、歯磨きの必要性の教育と歯ブラシセットの置き台作成をし、毎日学校に登校したら歯を磨くという習慣をつけるように指導を行ってきました。
 村への衛生指導としてはこちらも小学校同様、綺麗な水の供給とその指導を行ってきました。村の調査をしたところ学校で綺麗な水を使えるようになったのに対し、村では依然として雨水の使用が主流でした。また井戸の水を使用している家庭も井戸の深さが浅すぎるため、濁った水の使用をしていました。そのため村に綺麗な水の供給をするために透明な水が出る十分な深さの井戸を建設しその井戸の安全性を調べるため水質調査を行ってきました。さらに村人を集めて井戸の建設をしたことの報告うぃ、雨水などの汚水の危険性を教育し井戸の水を使うように教育してきました。
 今期は現地の小学校や村を私たちが実際に調査して周り、問題だと感じたことを教育するだけでなく、水道や歯ブラシセット置きの台のように何か同時に寄贈することで、より興味や関心を持ってもらい私たちの指導したことが単発で終わるのではなく持続していくように工夫をしてきました。
 私たちはこれからも学生であるからできることを自分たちの目で探して考えて実行してまいります。皆さまも私たちにどうかご協力をよろしくお願いします。